森﨑東への質問

このコーナーは森崎監督に聞きたいことをお送りいただければ、監督自らがお答えするコーナーです。
知りたいことをメールでお送りいただければ、監督からの返信を掲載します。知りたいことはなんでもメールでご送信ください。ただし、森崎東がお答えできるもののみにさせていただきます。

Qはじめまして。わたしは、小学校6年です。
私の学校では今「夢に向かって」という学習をしています。
私の夢は映画監督です。そこで、映画監督について次の事を教えてください。
・1日の仕事内容や時間
・仕事での苦労話
・どのようにしてなったのか
どうかよろしくお願いします。

A1日の仕事といっても、映画作りしているときと映画に携わっていないときではかなり違います。
撮影をしているときは、撮影スケジュールにあわせて朝から晩まで撮影所もしくはロケ地での生活になります。ですからその日の撮影スケジュールにあわせて 時には早朝から始まるときもありますし、午後から撮影となるときもあります。また、夕方撮影終了という日もあれば、真夜中までの撮影ということあります。
「仕事の内容」や「苦労話」といっても、普通一般の仕事とそう変わりませんが、事務系ではなく、肉体労働としての苦労があります。小学生が映画監督になるためにどんな準備が必要な私にもよくわかりません。 とりあえず言えることは、次のことぐらいです。それはコレゾと思う映画を仲の良い友達と見に行って、見た後の感想を何でもいいからたくさんたくさん出し合うことです。
そうすれば自分と友達の映画の見方、感じ方がどう違うか、ゲットしたものがどう違うか、映画が何を伝えたかったかがわかります。
そういうことがおもしろいと思わないようだったら、映画に進むことはやめたほうがいいかも知れません。
もし面白いと感じられたら、、同じように面白いと感じられた友達と一緒に短いシナリオを(映画の筋書き)を作ってみたらどうでしょう。
このシナリオづくりが面白いと感じられたら、あとは1人でシナリオづくりを楽しめるだけ楽しめばいいと思います。

 

Q森崎東監督の新作、それもあの『生きているうちが花なのよ、死んだらそれまでよ党宣言』の続編が製作されることを知り、狂喜しております。ところで、現在では、『生きているうちが・・・』を観ることが不可能な状況です。レンタルビデオ店にも置いていませんし、DVDでも発売されていませんね。『ニワトリはハダシだ』の完成を機に、『生きているうちが・・・』のDVD化を切にお願いする次第です。それにしても、原田芳雄・倍賞美津子コンビで続編が作られるなんて、ほんとに夢のようです。森崎監督がいつまでもお元気で映画作りに取り組まれることを、心より願っております。

Aあなたの願いに正に応えるように、東京フィルメックスで ジャストタイミングで旧作3本のオールナイトで立ち上げてくれました(最新情報に掲載されています)。
11月28日に六本木ヒルズのヴァージンシネマズで森崎ナイトとして上映されます。当日お会いしましょう。
トークの最後に挙手して質問をなさってください。精魂 込めてお答えします。

Comments are closed.