ニワトリはハダシだについて

「しあわせに生きる」とはどういうことかを考えさせられる映画であり、「元気」をもらえる映画です。 第2次大戦後の重い記憶を持つ舞鶴港、そうした歴史を背負う知的「障害」を持つ少年の個性が、今日の日本の支配構造に、予期せず激突してしまう。 見ないように、気付かないようにされている差別やタブーに、 改めて目を開かせてくれます。

楠の木学園 武藤啓司

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

11 + four =